宮崎のホームページ制作会社Tedinc | テンプレート

menu 0982-60-1084

TEDINC OFFICIAL BLOG

デザインのテンプレートは様々な物がありますが、今回は以前紹介したBootstrapのテンプレートを集めたサイトを紹介します。

今回は無料のテンプレートを中心に有料でも安価なテンプレートを紹介しています。

ダウンロードも簡単です。

Bootstarpとは?

Bootstrapは、マルチデバイスに対応したレスポンシブWebサイトを簡単に構築するための

「CSSフレームワーク」

です。

過去記事:Bootstrapをしっかり理解したい為の記事

 


startbootstrap


 

 

startbootstrap

 

URLhttp://startbootstrap.com/

コメント

ダウンロードまでが簡単で、登録などなく、そのままダウンロードして使えます。シンプルな英語でタイトルがつけられているので、用途に合わせたサイトを簡単選べます。

Preview & Downloadから気に入ったテンプレートページに飛んでダウンロードをクリックすればOK。

 

 


shapebootstrap


 

shapebootstrap

 

URL:https://shapebootstrap.net/

コメント

こちらは有料な物もありますが、無料もあります。

無料テンプレートURL:https://shapebootstrap.net/free-templates

有料の物でも$15~なのでめちゃくちゃお安いです。無料のテンプレートは登録など何もなしで簡単にダウンロードできます。

サイトのクオリティが高くスライダー、パララックスもそのまま無料で使える優れ物もあります。

 


wrapbootstrap(有料 $4〜)


 

wrapbootstrap

 

URLhttps://wrapbootstrap.com/

コメント

こちらは有料になりますが、$4〜で一番高くても$30くらいです。(ちなみに$30はかなり作りこまれているサイトで、日本円で約3500円くらいです。)

少しお金をを出しもいいからという人にはオススメです。

 


まとめ


 

いかがでしたか? 以前の記事でもBootstrapをオススメした理由を書きましたが、

Bootstrapは、マルチデバイスに対応したレスポンシブWebサイトを簡単に構築するための「CSSフレームワーク」

です。

Webサイトに一番必要なものは、コンテンツや機能性です。つまり一番時間をかけなければいけない項目でもあります。

Bootstrapを使えば、Webサイト構築(デザイン・レスポンシブなど)の時間が短縮され、より中身(コンテンツ)にこだわったサイト制作できます。

そして、様々なサイトで提供されているテンプレートを使えば簡単にカッコよく機能性の高いサイト制作ができるであろうと思い紹介しました。

よければ参考にしてください。

CONTACT US

お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせはコチラ