宮崎のホームページ制作会社Tedinc | Pandaアップデートと良質的なコンテンツの為の25項目

menu 0982-60-1084

TEDINC OFFICIAL BLOG

Pandaアップデートと良質的なコンテンツの為の25項目
wrote on this November 28, 2014teruhiro hayashida

 

panda

 

 

 

こんにちはTeidncのteruです。 パンダが可愛いのでこの記事を書いているのではなく

 

今回はGoogleが定める

 

良質なコンテンツ

 

とは一体何なのかという事にしっかりと照準を当てて、記事を書いていきたいと思います。

 

Googleはまず2012年より「Panda アップデート」と言われるアルゴリズムの変更を行い、キーワード検索に対してのサイトの評価がガラリと変わりました。

 

2010年までのGoogleの検索結果はユーザーにとって役立つ情報が上位にこず、意味のないコンテンツが多数上位を占めていました。

 

Pandaアップデート前のSEO対策は、

 

相互リンクを沢山貼られている(*1ジャンルに関係ないものでも沢山リンクされる方がサイトの評価が高くなる)

 

人気のキーワードでユーザーを引き寄せ、違う内容のコンテンツを宣伝する(*2アクセス数が多いほど評価が高くなる)

 

など関係ない項目や無駄なリンクなどがサイトの内に蔓延していました。

 

*1 *2

今でも、もちろんリンクを沢山貼られる事や沢山アクセスがある事は良い事です。

しかしリンクが貼られた先が評価の悪いサイトだと貼られた側の評価も下がってしまうと言われています。

 

しかしPandaアップデート以降のSEOは劇的に変わり、

良質なコンテンツのホームページやWebサイトが検索結果の上位にくる

ようになりました。

 

そこでGoogleが発表している良質的なコンテンツの考えかたは以下の25項目です

 

1、あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?

2、この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?

3、サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?

4、あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?

5、この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?

6、このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?

7、この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか

8、同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?

9、コンテンツはきちんと品質管理されているか?

10、この記事は物事の両面をとらえているか?

11、このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?

12、次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?

13、コンテンツが外注などにより量産されているか?

14、多くのサイトにコンテンツが分散されているか?

15、記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?

16、健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?

17、サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?

18、記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?

19、記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?

20、ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?

21、記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?

22、記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?

23、記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?

24、ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?

25、このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

以上の25項目が公式に発表されている良質的なコンテンツの考えかたです。

 


総括


 

Googleから具体的なアルゴリズムの発表は今後もされていかないという事になっています。

 

つまりこれから検索結果で上位になる為に大事な事は

 

ユーザーにとっての必要なコンテンツをしっかりと構築していく

 

という事になります。

 

制作者側はユーザー目線でサイトを構築していくという健全な志が大事だということですね。

 

TAG:

CONTACT US

お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせはコチラ